HOME健康・福祉健康健康づくり自殺予防週間について

自殺予防週間について

毎年9月10日から9月16日は自殺予防週間

~1人で悩まないで!一人ひとりの大切ないのち~

◆鹿児島県では、自死によって毎年約300人もの尊い命が失われており、この数は、鹿児島県の交通事故死亡者数の約4倍にあたります。

 この機会に、身近な社会問題である自殺の問題について、私たち一人一人にできることを考えてみませんか?

 □自殺に関する基本認識(自殺総合医対策大綱より)

  *自殺は、その多くが追い込まれた末の死である

  *年間自殺者数は減少傾向にあるが、非常事態はいまだ続いている

★私たちにできること

気づく:サインに気をつけましょう

 自殺を思いつめた人は、悩みながらもサイン(こころのサイン)を発していることが多いと言われています。

「いつもと様子が違う」という周囲の気づきが大切です。

話に耳を傾ける:「傾聴」

 打ち明けた人は、誰でもいいと思って相談したのではありません。あなたのことを「この人なら、自分の話を真剣に聞いてくれそうだ」と

 思われたに違いありません。本人の気持ちを尊重し、耳を傾けて話を聴いてください。(その際は、安易な励ましや一方的な説得は慎みましょう)

 人に話をすることによって、混乱した気持ちが落ち着いたり、抱えている問題の整理ができる場合があります。

つなぐ:専門相談窓口に相談しましょう

 健康問題、多重債務や消費生活問題、子育てや男女の問題、職場や介護の問題など、専門相談窓口に相談することで、解決策を見出すことが

 できます。ぜひ、相談窓口を活用してください。

見守り・支える

 自殺は「孤独の病」とも言われ、追い込まれた人は「孤立感」「孤独感」を強く感じています。特に男性は悩み事を一人で抱え込む傾向がある

 と言われています。周囲の温かい支えが孤立した気持ちを和らげます。

 

★もし、あなたが悩みを抱えていたら・・・

 一人で悩まず、信頼できる誰かに相談して下さい。

 話すうちに心が軽くなったり、解決の糸口が見えてくることもあります。

 身近な人に話しづらい時は、あなたを支える相談窓口も多数あります。

きっとあなたの力になる情報があるはずです。

匿名でも結構です。まずはお話を聞かせてください。

 

❤相談窓口一覧(相談内容の秘密は守られます)

❤天城町こころの相談窓口電話

   ☎:0997-85-5665

❤こころの電話相談統一ダイヤル

  ☎:0570-064-556

❤よりそいホットライン

      ☎:0120-279-338

 

カテゴリー